Home       Buku Tamu       FAQ       Kontak       Profil       Sejarah
    Berita       Uncategorized
Bupati
NYダウのグローベックス先物のテクニカル分析


株価の趨勢を計ることで現在の水準が買われすぎなのか売られ過ぎなのかを判断することができる。 株式に投資をするといえば通常は現物株の買いポジションを指すが、買いだけで値幅をとれる局面というのは案外少ないものだ。 信用取引の買い建てに加えて空売りの戦略をとることで売買機会が2倍以上に増える。 一般的にいえる傾向として、買いに向く時期よりも売りの好機は短く、値幅が大きく示現することが言える。 つまり、空売りの好機をとらえれば短期間で大きく投資資金を増やすことが可能となる。

しかしながら空売りというのはリスクが大きく、特に仕手株といわれるボラティリティーの高い銘柄を空売りしてしまうと追証をくらうこともある。 投資資金以上に損失を出してしまう取引の典型は、業績の下方修正を出した銘柄を2階建てで買っていた場合と、ストップ高を繰り返す仕手株を空売りしている場合だ。 両方とも損切りが出来ずに、株価が予想している方向と反対に急激に動くときに発生する。 特に、NYダウが暴落するか2%以上の上昇をしたときによく現れる時系列パターンといえる。

大きく突然値上がりした局面というのは株価チャートのテクニカル分析においてオシレーターが売りシグナルを出しているので売り向かいたくなるが、非常にリスクが高いといわざるを得ない。 仕手相場というのは理論で説明できない値上がりをするため、NYダウやナスダック先物のリアルタイムチャートを分析することで逆に危険なポジションを構築してしまう可能性がある。 グローベックス先物が急激に下がると全体相場のモメンタムも弱まるパターンが多いが、そこで出た換金売りの資金が仕手相場に集まることもある。


Copyright © 2017 tanatidung.com · All Rights Reserved · Pemerintah Kabupaten Tana Tidung.
Wakil Bupati


Nikkei225 Charts